Category Archives: Uncategorized

真冬に和光市から見えるあの白い山脈はどこ?

和光市からは、冬の空気の澄んだ日、西北のはるか遠方に雪に覆われた山脈が見えることがあります。とくに正月の前後、年に数回程度それを見ることができます。以下がその写真です。これは和光市の北側のパノラマです。2016年1月19日に撮影しました。ちょうど雪がどっさり降った翌日の朝です。近辺の住宅の屋根は雪が積もって白くなっています。

northern-japan-alps-20160119-wako-1

つぎの写真は上の写真の左半分をさらに拡大したものです。この写真のちょうど中央あたりに、はるか遠方に山頂が雪で覆われた山脈が見えます。山脈の上にはうっすらと灰色の雲がかかっているのでちょっとわかりにくいです。

northern-japan-alps-20160119-wako-2

もしや北アルプスではと思って色々と調べ回っていましたが間違いでした。どうやらこの雪をかぶった山脈は白砂山(しらすなやま 2140m)、上ノ倉山(かみのくらやま 2108m)あたり、すなわち三国山脈の周辺が正解のようです。苗場スキー場の近くといったほうがわかりやすいかもしれません。和光市から白砂山までは直線距離で134kmぐらいです。

上の写真の右端は赤城山(あかぎやま)です。その赤城山の左側には雪をかぶった谷川岳(たにがわだけ 1977m)が見えています。右端の大きな鉄塔の向こうに赤城山が見えていて、つぎの左隣の小さく見える鉄塔の向こうに子持山(こもちやま 1296m)が見えています。その赤城山と子持山の間に谷川連峰が見えています。

Map
wakocity-and-mt-shirasuna-134km

中央の白い山脈の左側に見えるごつごつした山は榛名山(はるなさん 1449m)です。榛名山の左側にもぼんやりと写っている白い山脈がありますが、草津白根山(くさつしらねさん 2160m)でしょうか。

別の日の2月22日には、浅間山(あさまやま 2568m)がきれいに見えました。浅間山の左に見える乳房のような形の山は笠山(かさやま 837m)です。

wakocity-and-mtasama-20160222-1

このときのパノラマです。

wakocity-and-mtasama-20160222-2

和光市から浅間山までは直線距離で120kmぐらいです。

Map
wakocity-and-mtasama-120km

(2017.03.14 追記)
近くに立ち寄ったついでに撮影してきました。関越自動車道の赤城高原SAで撮影しました。左に見える雪山が谷川岳、右側の雪山が武尊山(ほたかやま)です。
https://www.google.com/maps/@36.6031,139.0603,17z

渋川市で撮影しました。写真左側の道路の先が「子持山」、右側のなだらかなスロープが「赤城山」、真ん中に見える雪山が「武尊山(ほたかやま)」です。
https://www.google.com/maps/@36.5217,139.0206,17z

群馬総社駅の近くから撮影した赤城山です。写真を拡大すると、赤城山の西の裾野の向こうに雪山がうっすらと見えているように思れます。武尊山(ほたかやま)でしょうか。
https://www.google.com/maps/@36.4208,139.0350,17z

(2016.09.03 追記)
便利な時代になりました。スマホ・アプリ「スーパー地形」を利用すると山の方角が簡単にわかります。つぎは和光市から見える山の360°の方角です。
superchikei-wako-360-landscape-all

つぎは和光市から見える山の北西の方角を拡大したものです。
superchikei-wako-360-landscape-north

(参考サイト)
http://www.shochi-club.jp/wgel/tenbou-syu/from_shochi.html
http://ameblo.jp/wandel72/entry-12110432489.html
http://www.go-isesaki.com/id_mt_west.html
http://tenbou.travel.coocan.jp/shwv1/styo/tyo09.htm
http://tenbou.travel.coocan.jp/shwv1/styo/tyo10.htm
http://tenbou.travel.coocan.jp/shwv1/styo/tyo15.htm
http://yamao.lolipop.jp/tenbo/mondai/nerima/nerima.htm
http://yamao.lolipop.jp/shaso/2017/01/28/0128.htm
http://yamaosensei.fc2web.com/080405/akagikogenSA.htm
http://yamaosensei.fc2web.com/080405/kanetsu-2.htm

mapmywalk を使ったウォーキングが楽しい

最近、体がぶくぶくと太ってきたので何とかしなければと思ってました。以前はジムにも通っていたのですが、しだいに漫然とやるようになり、効果も薄れてきたのでやめました。そこで始めたのが「パワーウォーキング」です。金曜日の夕方に会社から自宅に帰るときに、電車に乗らないで歩いて帰ります。実は「パワーウォーキング」の正確な定義は知らないのですが、自分のは「ロングウォーキング」といったほうが正しいかもしれません。

mapmywalk というスマートフォンのアプリを使うと、地図、距離、経過時間、カロリーなどを表示してくれて、とても便利です。使い方も簡単で、使う前に名前、メールアドレス、生年月日、体重、身長などを入力してアカウント登録しておきます。基本機能を使うだけなら無料です。

ウォーキングを開始するときは mapmywalk アプリを起動して「Start Workout (ワークアウトを開始)」ボタンを押します。ウォーキングを終了するときは「Pause Workout (ワークアウトを一時停止)」ボタンを押します。すると「Slide to Finish (スライドして終了)」ボタンと「Resume Workout (ワークアウトを再開)」ボタンが表示されるので、「Slide to Finish (スライドして終了)」ボタンをスライドした後、「Save Workout (ワークアウトを保存)」ボタンをクリックすると、その記録が mapmywalk のサイトに登録され、その内容をブラウザなどで表示することができます。

iPhone 版の mapmywalk アプリの場合、アプリ起動時の初期画面に戻るには、画面下のプラス(+)アイコンを押して、「Track Workout (ワークアウトのトラッキング)」を選択します。メニュー画面が新しくなったせいか、このあたりが分かりにくいです。

以下は、豊洲の東京湾岸のオフィスから埼玉県和光市の自宅まで歩いて帰った例です。池袋から和光市までは国道254号線沿いに歩くコースです。27.8kmを5時間45分で歩き、1600キロカロリーの消費でした。

http://www.mapmywalk.com/workout/1268889509
http://www.mapmywalk.com/workout/1268889509

目白通りをメインに練馬を経由して帰る経路もあります。最近はもっぱらこちらのコースを愛用しています。

http://www.mapmywalk.com/workout/1654708631

mapmywalk を長時間使うときに注意が必要なのは、使っている間は電池の消耗が早くなるので、使う前によく充電しておくことです。自分の例では、開始前に100%充電しておいたのが、約6時間歩き終わったあとは、電池残量が20%程度になっていました。

以下は、パワーウォーキングを始めるにあたっての注意事項です。

• なるべく帰りの電車の路線の近くを沿って歩きます。いざというときに電車を利用するためです。
• 地下鉄駅や公園などの公衆トイレの場所を把握しておきます。トイレは地下鉄駅の改札内であっても駅員に声をかければ快く貸してもらえます。パチンコ店、ゲームセンターにはかならずトイレがあります。コンビニのトイレも店員さんに声を掛ければ貸してもらえます。地図マピオンやスマホアプリを使って検索できます。参考: http://review.itmedia.co.jp/review/articles/1409/04/news041.html
• 長時間歩きやすいスニーカーと靴下を用意してください。
• 同じ距離を移動するのに、徒歩の場合、電車の5〜6倍程度の時間がかかります。例えば電車で1時間の距離なら、徒歩で5〜6時間かかります。
• 最初はヒザが痛くならない距離にしてください。ヒザが少しでも痛くなったら、我慢しないで直ぐに中断します。ヒザをいったん壊すと治るのに時間がかかります。何度か短距離のウォーキングを繰り返しているうちに長距離も歩けるようになります。
• 1時間に1回程度、5〜10分の休憩を入れて脚を休めてください。
• 足の裏のマメができやすい個所にはバンドエイドなどを貼っておくと予防できます。

最後に、皇居の内堀を歩きながらから撮った丸の内のオフィス街の写真です。ニューヨークの摩天楼のように見えてびっくりです。
tokyo-marunouchi-night-20151204-88

それではウォーキングを楽しんでください!

レインボーブリッジを歩いて渡る

仕事でお台場に行きましたが、早く終わったので帰りはレインボーブリッジの遊歩道「レインボープロムナード」を歩いて帰りました。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-174837
「ゆりかもめ・お台場海浜公園駅」からお台場海浜公園沿いを歩いてレインボーブリッジの方向を目指して歩きます。遊歩道入り口は簡単に分かります。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-175333
レインボーブリッジの遊歩道入り口を入ると、すぐに北ルート(North Route)か南ルート(South Route)の分岐点に来ます。今回は北ルートを選択しました。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-175433
北ルート(North Route)を進むとすぐに、豊洲新市場の建設風景が見えます。晴海埠頭に大きな船が停泊しているのも見えます。船の胴体には大きく「NYK」と書かれており、日本郵船の自動車輸送船のようです。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-175543
進行方向は、上り坂のスロープになっています。壮大な光景が広がります。高所恐怖症の方はお気をつけください。足元を見るとちょっと怖いです。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-175544
都会のオフィスの中でばかり働いているとあまりこういう景色を見る機会が無いので見とれてしまいました。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-175943
最初のアンカーブロックが見えてきました。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-180345
海を見渡すと、高速ジェット船(Boeing 929 Jetfoil)が水しぶきを上げて通過しているのが見えます。東海汽船の「セブンアイランド愛」でしょうか。
http://www.tokaikisen.co.jp/shipinfo/jetship/

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-180619
最初のアンカーブロックを過ぎて主橋の部分を見ているところです。対岸が思ったより近くに感じます。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-180938
橋の上からは、真下を通り過ぎる遊覧船をたくさん見ることができます。この遊覧船は「ヴァンテアン(vingt et un)」と書いているのが見えます。
http://www.vantean.co.jp/

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-181127
別の遊覧船が見えます。これは「シンフォニー モデルナ(Symphony Moderna)」でしょうか。
http://www.symphony-cruise.co.jp/

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-181224
汐留・勝ちどき・晴海の景色が広がります。夕日の反射がきれいです。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-181243
もう一台の高速ジェット船が通過している見えます。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-181627
向かいの岸まであと少しです。途中、写真を取りながらでも、30分ぐらい歩けば対岸に到達します。すぐ先のガラス張りの支柱のところに地上への出口に通じるエレベーターがあるので、それで降ります。

tokyo-raibow-bridge-waik-20150723-181652
最後に180度のパノラマ写真をどうぞ。写真の右が出発地点のお台場、左が芝浦ふ頭です。レインボーブリッジを渡った後は、まっすぐJR田町まで歩いて帰りました。

岡山・東京間を飛行機を利用してみた

岡山・東京の区間はほとんどの人が新幹線を使うと思いますが、今回は初めて飛行機を使ってみました。シーズンにもよりますが、航空運賃は早めに予約するほど割引になります。搭乗日の4日ほど前に予約を入れ、片道16790円でした。空港までのリムジンバスの料金を除けば、新幹線とあまり変わらない金額です。

岡山空港発、羽田行きの便の時刻表です。思っていたよりたくさんの便があります。
http://www.okayama-airport.org/timetable/tokyo/

岡山空港へアクセスするリムジンバスの時刻表です。(岡山駅方面と倉敷駅方面)
http://www.okayama-airport.org/access/bus

岡山空港の第2〜第4駐車場は何日間駐車しても無料とのことです。岡山から東京に出張する人は便利かも。
http://www.okayama-airport.org/facility/parking.html

今回利用したのは岡山空港11:55発、羽田13:15着の ANA656 便です。予約を入れたときは機種が A320 になっていましたが、Boeing 777-200 に変更されたようです。座席は「9K」(前から9番目の右側の窓際)でした。窓から写真を撮るにはとても良い席でした。
http://www.ana.co.jp/domestic/departure/inflight/seatmap/detail.html?c=772

(1) ANA656 11:30 Map
ANA656-B772-20150913-113018
岡山空港の搭乗ラウンジから撮影。これから乗る飛行機です。翼や機体後尾には、その飛行機の機体番号が書かれており、また前輪格納扉にその一部の数字が書かれているそうです。写真をよく見ると、前輪格納扉に「741」の数字が見えます。このことから機体番号「JA741A」の「Boeing 777-281ER」と思われます。
http://www.airfleets.net/ficheapp/plane-b777-40900.htm
https://www.planespotters.net/airframe/Boeing/777/40900/
https://planefinder.net/data/aircraft/JA741A

(2) ANA656 12:05 Map
ANA656-B772-20150913-120505
離陸してすぐに児島湖児島湾児島半島が一望できました。金甲山も見えるはずですが曇っていてよくわかりません。岡山で生まれ育った自分はこの景色にいちばん感動しました。金甲山からは大阪の「あべのハルカス」が見えるそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/jitennsyaotoko_diet/62456900.html

(3) ANA656 12:08 Map
ANA656-B772-20150913-120800
日生(ひなせ)、ブルーライン、小豆島(しょうどしま)が見えます。

(4) ANA656 12:11 Map
ANA656-B772-20150913-121157
加古川の上空です。

(5) ANA656 12:13 Map
ANA656-B772-20150913-121309
淡路島、明石大橋が見えます。

(6) ANA656 12:14 Map
ANA656-B772-20150913-121356
大阪湾、神戸、六甲山、関空(関西国際空港)が見えます。

(7) ANA656 12:15 Map
ANA656-B772-20150913-121534
伊丹空港(大阪国際空港)の上空を通過。ピンボケですみません。

(8) ANA656 12:33 Map
ANA656-B772-20150913-123312
御前崎の上空です。一面、雲だらけ。

(9) ANA656 12:59 Map
ANA656-B772-20150913-125954
千葉市上空を通過。

(10) ANA656 13:03 Map
ANA656-B772-20150913-130336
東京ディズニーランドです。前日の豪雨のせいで東京湾が茶色に濁ってます。

(11) ANA656 13:04 Map
ANA656-B772-20150913-130441
東京ゲートブリッジが見えます。

(12) ANA656 13:05 Map
ANA656-B772-20150913-130509
お台場が見えます。

(13) ANA656 13:06 Map
ANA656-B772-20150913-130605
城南島海浜公園です。飛行機の離着陸の写真を撮るにはよい場所かも。

(14) ANA656 13:07 Map
ANA656-B772-20150913-130655
羽田空港B滑走路に着陸してジェットエンジンの逆噴射をしているところです。

(15) ANA656 13:12
ANA656-B772-20150913-131253
羽田空港のゲートに到着です。

FlightAware のサイトの「航空便追跡ログ」を利用すると、飛行ルートの緯度・経度とその日時がわかります。今回の ANA656 便の飛行ログとステータスはそれぞれ以下に公開されています。

https://ja.flightaware.com/live/flight/ANA656/history/20150913/0255Z/RJOB/RJTT/tracklog
https://ja.flightaware.com/live/flight/ANA656/history/20150913/0255ZZ/RJOB/RJTT

ステータスのページの「+ Google EARTH」ボタンをクリックすると、飛行ログの KML ファイルをエクスポートすることができます。この KML ファイルを使って Google Earth や Google My Maps に飛行ルートを描画をするこもできます。以下は着陸時のルートを Google My Maps で表示したものですが、羽田空港のB滑走路へ進入していく様子がよくわかります。

ana656-20150913-google-map-kml-01
ana656-20150913-google-map-kml-02

この FlightAware のデータは ADS-B 受信機を利用して、全国から集められているそうです。

飛行機の機内から写真を撮影したとき、その写真にGPS情報が記録されてなくても、撮影日時が分かれば航空便追跡ログと付き合わせておおよその緯度・経度がわかります。緯度・経度が分かれば Google Map、OpenStreetMap、地理院地図を使ってその場所の地図を表示できます。例えば、上の(8)「一面雲だらけ」の写真の場合、12:33:12 に撮影した写真ですので、航空便追跡ログの 12:33:10 の「緯度:34.7159、経度:138.0337」に近いことがわかります。これより、「https://www.google.com/maps/@<緯度>,<経度>,<ズームレベル>z」 の形式の URL、すなわち「https://www.google.com/maps/@34.7159,138.0337,11z」をブラウザに入力すると、その場所の Google Map が表示されます。OpenStreetMap の場合は、「http://www.openstreetmap.org/#map=<ズームレベル>/<緯度>/<経度>」の形式の URL、すなわち「http://www.openstreetmap.org/#map=11/34.7159/138.0337」をブラウザに入力します。地理院地図の場合は、「http://maps.gsi.go.jp/#<ズームレベル>/<緯度>/<経度>/」の形式の URL、すなわち「http://maps.gsi.go.jp/#11/34.7159/138.0337/」をブラウザに入力します。この結果、雲だらけの写真でも御前崎の上空であることが分かります。

余談ですが、日本列島はおおよそ緯度は35±11度、経度は135±12度の範囲に収まっているそうです。つまり、位置的には北緯35度、東経135度が日本の中心と考えることができます。この場所を表示するには、次のURLをブラウザに入力すると表示できます。
https://www.google.com/maps/@35,135,15z または
http://www.openstreetmap.org/#map=15/35/135 または
http://maps.gsi.go.jp/#15/35/135/
さらに日本の北端は、次のURLをブラウザに入力すると表示できます。
https://www.google.com/maps/@46,147,7z または
http://www.openstreetmap.org/#map=7/46/147 または
http://maps.gsi.go.jp/#7/46/147/
また南端は、次のURLをブラウザに入力すると表示できます。
https://www.google.com/maps/@24,123,7z または
http://www.openstreetmap.org/#map=7/24/123 または
http://maps.gsi.go.jp/#7/24/123/

初めての経験でしたがいろいろと勉強になりました。