Fedora の不要なプロセスを停止してみた

Fedora 23/24 にて、やたらと不要なプロセスがたくさん実行されている気がする。使っていそうにないプロセスを停止してみた。いまのところ特に問題なし。また、ヒストリー関連のクリアしてみた。

1. avahi-daemon を停止する

# systemctl disable avahi-daemon.service

2. abrt(Automatic Bug Reporting Tool) を停止する

# systemctl disable abrt-ccpp.service
# systemctl disable abrt-oops.service
# systemctl disable abrt-vmcore.service
# systemctl disable abrt-xorg.service
# systemctl disable abrtd.service

3. zeitgeist などを停止する

すまん、ドイツ語は苦手なのだ。俺は “Poltergeist” のほうが好きだな。

# cd /etc/xdg/autostart/
# ls -1
...
# mv zeitgeist-datahub.desktop{,-inactive}
# mv abrt-applet.desktop{,-inactive}
# mv evolution-alarm-notify.desktop{,-inactive}
# mv gnome-welcome-tour.desktop{,-inactive}
# mv tracker-extract.desktop{,-inactive}
# mv tracker-miner-apps.desktop{,-inactive}
# mv tracker-miner-fs.desktop{,-inactive}
# mv tracker-miner-rss.desktop{,-inactive}
# mv tracker-miner-user-guides.desktop{,-inactive}
# mv tracker-store.desktop{,-inactive}

4. evolution などを停止する

俺には国際救助隊 “Thunderbird” がバックにいるので、evolution は不要だな。

# dnf erase evolution
# cd /usr/share/dbus-1/services
# ls -al | grep -i evolution
...
# mv org.gnome.evolution.dataserver.AddressBook.service{,-inactive}
# mv org.gnome.evolution.dataserver.Calendar.service{,-inactive}
# mv org.gnome.evolution.dataserver.Sources.service{,-inactive}
# mv org.gnome.evolution.dataserver.UserPrompter.service{,-inactive}

5. Gnome のヒストリーのクリア

All Settings (gnome-controle-center) > Privacy > Usage & Histry > Clear Recent Histry

6. FireFox のヒストリーのクリア

FireFox のメニューから
Edit > Preferences > Privacy > clear your recent histry

ちょっと、すっきりした。

7. plymouth 関連のパッケージの削除

起動時間を短縮するには、以下のコマンドで、どのユニットの起動に時間がかかっているかを調べるとよい。

起動時間のサマリー表示
# systemd-analyze

ユニットの起動時間の一覧を表示
# systemd-analyze blame | cat

ユニットの起動状況をツリー形式で表示
# systemd-analyze critical-chain

起動時のメッセージの確認
# journalctl -x -b | cat

plymouth 関連を削除すると短縮できそうだ。plymouth はブート時にグラフィカル表示をおこなう機能であるが、これは Linux ユーザーには不要だと思う。思い切って削除してみる。

# dnf erase plymouth -y

8. journal ログの削除

Gnome の起動に時間がかかっているようだが、これは journal ログを削除すると多少は改善されそうだ。

# rm -rf /var/log/journal/*

9. GRUB のタイムアウト時間を 0 に変更

これは既に設定されている人が多いと思うが、念の為。
まずは GRUB 設定ファイルのバックアップを取得する。

# cp -ipv /etc/default/grub{,-ORG}

以下の2箇所を変更する。

  • GRUB_TIMEOUT の行の値を小さくする
  • GRUB_CMDLINE_LINUX の行の「rhgb quiet」を削除する

sed を使って変更するには以下のコマンドを実行すればよい。

# F1=/etc/default/grub
# sed -i 's/GRUB_TIMEOUT=.*/GRUB_TIMEOUT=0/g' $F1
# sed -i '/GRUB_CMDLINE_LINUX=/s/ rhgb//g' $F1
# sed -i '/GRUB_CMDLINE_LINUX=/s/ quiet//g' $F1

変更内容を確認する。

# diff /etc/default/grub{-ORG,}

変更したら、つぎのコマンドを実行して設定内容を反映させる。

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

だいぶ、すっきりした。