Fedora 23 に Google Earth をインストール

Google Earth を Fedora 23 にインストールしました。自分の環境では、どうも最新の Google Earth (GE7) はうまく動作しませんでした。替わりに古い Google Earth (GE6) をインストールしてみたところ問題なく動作しました。以下にその代替のインストール手順を紹介します。

既存の Google Earth がインストールされている場合は削除します。

# rpm -ev --nodeps google-earth-stable

古いバージョンの Google Earth (GE6) をダウンロードします。

# wget http://dl.google.com/earth/client/GE6/release_6_2_2/google-earth-stable-6.2.2.6613-0.x86_64.rpm

ダウンロードした Google Earth (GE6) をインストールします。このとき、rpm コマンドを使って「--force」オプションを付けて実行する必要があります。dnf コマンドを使ってインストールしようとすると、「Error: Transaction check error: file /usr/bin from install of google-earth-stable-#.#.#.####-#.x86_64 conflicts with file from package filesystem-3.2-35.fc23.x86_64」と表示されてインストールに失敗します。

# rpm -ivh --force google-earth-stable-6.2.2.6613-0.x86_64.rpm

その他の必要なライブラリをインストールします。

# dnf install redhat-lsb*
# dnf install redhat-lsb*.i686
# dnf install mesa-dri-drivers*
# dnf install mesa-dri-drivers*.i686

以上で、インストールは完了です。なお、Linux 版 Google Earth はプロキシ下のネットワーク環境では使用できないようです。Google Earth の起動シェル「/usr/bin/google-earth」の43〜44行目に環境変数を設定すると動作するという情報がありましたが未確認です。

script_path=$(FindPath $0);

cd $script_path;

export HTTP_PROXY=http://proxy.example.com:8080
export HTTPS_PROXY=http://proxy.example.com:8080
LD_LIBRARY_PATH=.:$LD_LIBRARY_PATH ./googleearth-bin "$@"

実は、最新の Google Earth (GE7) ですが、新しく作成した Fedora 23 の仮想マシンで試すと問題なくインストールできて正常に動作します。しかし、自分の物理 PC の Fedora 23 で試すと、いろいろアップデートをかけているせいか、Google Earth をインストール後に起動しようとすると、スプラッシュスクリーンを表示した直後にクラッシュしてしまいます。

以下の画像は KVM 仮想マシン上の Fedora 23 で、Google Earth 7 を実行しているときのイメージです。

fedora23-google-earth7-on-vm

以下の画像は物理 PC 上の Fedora 23 で、Google Earth 6 を実行しているときのイメージです。

fedora23-google-earth6-on-pm

(2016.09.10 追記)
Fedora 24 では最新の Google Earth (google-earth-stable.x86_64 7.1.7.2600-0 , Build Date 8/25/2016) を普通にインストールできることを確認しました。手順はつぎのとおりです。

# wget https://dl.google.com/dl/earth/client/current/google-earth-stable_current_x86_64.rpm
# dnf install ./google-earth-stable_current_x86_64.rpm