mapmywalk を使ったウォーキングが楽しい

最近、体がぶくぶくと太ってきたので何とかしなければと思ってました。以前はジムにも通っていたのですが、しだいに漫然とやるようになり、効果も薄れてきたのでやめました。そこで始めたのが「パワーウォーキング」です。金曜日の夕方に会社から自宅に帰るときに、電車に乗らないで歩いて帰ります。実は「パワーウォーキング」の正確な定義は知らないのですが、自分のは「ロングウォーキング」といったほうが正しいかもしれません。

mapmywalk というスマートフォンのアプリを使うと、地図、距離、経過時間、カロリーなどを表示してくれて、とても便利です。使い方も簡単で、使う前に名前、メールアドレス、生年月日、体重、身長などを入力してアカウント登録しておきます。基本機能を使うだけなら無料です。

ウォーキングを開始するときは mapmywalk アプリを起動して「Start Workout (ワークアウトを開始)」ボタンを押します。ウォーキングを終了するときは「Pause Workout (ワークアウトを一時停止)」ボタンを押します。すると「Slide to Finish (スライドして終了)」ボタンと「Resume Workout (ワークアウトを再開)」ボタンが表示されるので、「Slide to Finish (スライドして終了)」ボタンをスライドした後、「Save Workout (ワークアウトを保存)」ボタンをクリックすると、その記録が mapmywalk のサイトに登録され、その内容をブラウザなどで表示することができます。

iPhone 版の mapmywalk アプリの場合、アプリ起動時の初期画面に戻るには、画面下のプラス(+)アイコンを押して、「Track Workout (ワークアウトのトラッキング)」を選択します。メニュー画面が新しくなったせいか、このあたりが分かりにくいです。

以下は、豊洲の東京湾岸のオフィスから埼玉県和光市の自宅まで歩いて帰った例です。池袋から和光市までは国道254号線沿いに歩くコースです。27.8kmを5時間45分で歩き、1600キロカロリーの消費でした。

http://www.mapmywalk.com/workout/1268889509
http://www.mapmywalk.com/workout/1268889509

目白通りをメインに練馬を経由して帰る経路もあります。最近はもっぱらこちらのコースを愛用しています。

http://www.mapmywalk.com/workout/1654708631

mapmywalk を長時間使うときに注意が必要なのは、使っている間は電池の消耗が早くなるので、使う前によく充電しておくことです。自分の例では、開始前に100%充電しておいたのが、約6時間歩き終わったあとは、電池残量が20%程度になっていました。

以下は、パワーウォーキングを始めるにあたっての注意事項です。

• なるべく帰りの電車の路線の近くを沿って歩きます。いざというときに電車を利用するためです。
• 地下鉄駅や公園などの公衆トイレの場所を把握しておきます。トイレは地下鉄駅の改札内であっても駅員に声をかければ快く貸してもらえます。パチンコ店、ゲームセンターにはかならずトイレがあります。コンビニのトイレも店員さんに声を掛ければ貸してもらえます。地図マピオンやスマホアプリを使って検索できます。参考: http://review.itmedia.co.jp/review/articles/1409/04/news041.html
• 長時間歩きやすいスニーカーと靴下を用意してください。
• 同じ距離を移動するのに、徒歩の場合、電車の5〜6倍程度の時間がかかります。例えば電車で1時間の距離なら、徒歩で5〜6時間かかります。
• 最初はヒザが痛くならない距離にしてください。ヒザが少しでも痛くなったら、我慢しないで直ぐに中断します。ヒザをいったん壊すと治るのに時間がかかります。何度か短距離のウォーキングを繰り返しているうちに長距離も歩けるようになります。
• 1時間に1回程度、5〜10分の休憩を入れて脚を休めてください。
• 足の裏のマメができやすい個所にはバンドエイドなどを貼っておくと予防できます。

最後に、皇居の内堀を歩きながらから撮った丸の内のオフィス街の写真です。ニューヨークの摩天楼のように見えてびっくりです。
tokyo-marunouchi-night-20151204-88

それではウォーキングを楽しんでください!